乾燥からできる大人ニキビ

乾燥からできる大人ニキビ

大人ニキビになるのは、色々な原因がありますが、乾燥もその原因の1つです。
大人ニキビは、悪化するとニキビ跡を残しやすいので、原因を知ってしっかり対処していかなければいけません。

 

ニキビができる原因は「オイリー肌だから」というのが通説です。
しかし、ニキビは肌が乾燥していてもできるものなのです。
そのため、普段から乾燥しないスキンケアを心がけなければいけません。

 

実際、大人ニキビは、乾燥しやすい頬や口の周りにできやすい特徴があります。
乾燥していると大人ニキビができるのは、毛穴がふさがるからです。
乾燥すると、肌表面に古い角質が残りやすくなり、結果、角質が厚くなって毛穴をふさいでしまうことになります。

 

そうすると、毛穴の中で分泌された皮脂が詰まってしまいます。
皮脂はアクネ菌のえさになるので、菌が増殖することで肌は炎症を起こし、大人ニキビになってしまうのです。

 

大人ニキビの原因は、人によって異なりますが、乾燥による肌のターンオーバーの乱れが1つの原因になっていることを頭に入れておかなくてはなりません。

 

>>> 大人ニキビにラミューテ化粧品|ホルモンバランスと肌の乾燥にアプローチ